筋トレでハゲるは間違い!男性ホルモンとハゲの関係について

筋トレはハゲない

筋トレをするとハゲるというのは本当でしょうか。

筋トレをするとハゲるといわれる所以は、筋トレによって男性ホルモン(テストステロン)が増えるから。

男性ホルモンが多いと、毛深い人が多いので、男性ホルモンが多い=禿げると考えられています。

しかし、男性ホルモンが多いからハゲるわけではないことが明らかになっています。

つまり、筋トレをガシガシして男性ホルモンが増えても、薄毛になるわけではないということです。

最近の研究では筋トレなどで男性ホルモン値を上げた方が禿げにくいという専門家もいるほど。

ただし、筋トレをしてハゲてしまう人がいるのも事実。

今回は、筋トレとハゲの関係について詳しくまとめました。

この記事では、

  • 男性ホルモンとハゲのメカニズムについて
  • 筋トレでハゲてしまう原因について
  • 筋トレでハゲが気になり始めたら取り組みたい効果的な改善方法

について、詳しく解説しているので参考にしてみてください。

筋トレではハゲない!男性ホルモンとハゲの関係とは

ベンチプレスやスクワット、デッドリフト、その他マシーントレーニングによる筋トレによって男性ホルモンのテストステロン値が増えるのは事実です。

しかし、男性ホルモンのテストステロンが増えても禿げるわけではありません。

実は、男性ホルモンには大きく分けて2つの種類があります。

一つ目が、筋トレによって増えるテストステロン。

テストステロンは筋肉を大きくしたり、男らしい体つきにするために欠かせない重要なホルモンです。

二つ目が、ハゲの原因となるジヒドロテストステロン。

ジヒドロテストステロンは、皮脂の過剰分泌、ニキビ、脱毛、薄毛などを引き起こす原因となるため、悪玉男性ホルモンとも呼ばれています。

ジヒドロテストステロンとハゲのメカニズム

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン(テストステロン)と毛乳頭細胞にある5αリダクターゼ酵素がくっ付くと生成されるホルモンです。

ジヒドロテストステロンが作られると、毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やします。

脱毛因子「TGF-β」が別の脱毛因子「FGF-5」に伝達されると、脱毛命令が発せられることによって、毛が抜け始めるというのが男のハゲ(AGA)のメカニズムです。

つまり、ハゲの原因となるのはテストステロンではなく、ジヒドロテストステロンです。

筋トレをしてもハゲないというのは、テストステロンが増えるのであって、ジヒドロテストステロンが増えるわけではないからです。

では、ハゲの原因となるジヒドロテストステロンが増える要因は何なのでしょうか。

ジヒドロテストステロンが増える要因はテストステロンの減少

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが減ってしまうことで増えると考えられています。

どういうことかというと、
ジヒドロテストステロンはテストステロンよりも強力なホルモンの働きがあります。

そのため、加齢やストレス、生活習慣の乱れによってテストステロンが減ってしまうと、それを補うためにより強力なジヒドロテストステロンが作られるというわけです。

男のハゲは加齢とともに増えるのはテストステロンが減るから

男のハゲは40代以降の中年代になると増えていきます。

これは、加齢や筋力の低下などによってテストステロンが減るからだと考えられています。

先ほども書いた通り、テストステロンが減るとハゲの原因となるジヒドロテストステロンが増えます。

その結果、40代以降でハゲが目立ち始めるというわけです。

もし、筋トレをしてテストステロンが増えるとハゲるというメカニズムが成り立つのなら、テストステロンが最も多い10代や20代にハゲが多くなるはずです。

しかし、40代以降の中年に薄毛の人が多いことからもわかる通り、テストステロンが減るとジヒドロテストステロンが増えるというわけです。

ここまで見てきた通り、筋トレをしてもハゲとは直接的には関係ありません。

むしろ、筋トレをしてテストステロンを増やすということは、ジヒドロテストステロンを増やしにくくなるため、ハゲ予防としてはむしろ筋トレをすべきなのです。

とはいえ、筋トレをしてハゲてしまう人も少なからずおられます。その原因と考えられているのが、栄養不足とクレアチンの摂取です。

筋トレで禿げる原因は栄養不足とクレアチンの摂取

筋トレをしても禿げるわけではないですが、栄養面では気を付けないと間接的にハゲにつながる恐れはあります。

特に、筋トレによるハゲを考えた場合、

  • 栄養不足
  • クレアチンの摂取

は、ハゲと関係がしてくるので意識して対策に取り組んでおくことが大切です。

アミノ酸とタンパク質が不足すると毛が細くなる

筋トレをすると、筋肉の分解と合成が行われます。その時に、アミノ酸やタンパク質が大量に必要になります。

筋肉にアミノ酸やタンパク質が必要なのと同じで、髪の毛を作るためにもアミノ酸やタンパク質が必要です。

つまり、筋トレによって本来髪に行き渡るはずのアミノ酸やタンパク質が筋肉に回ってしまうため、髪に必要な栄養が不足するというわけです。。

普段の食事に加えて、プロテインを摂るなどして意識的にアミノ酸やタンパク質を摂らないと髪に必要な栄養素が足りなくなります。

その結果、毛が細くなったり抜け毛が増えてしまうのです。

また、筋トレによって大量の汗をかくことでミネラル分も不足しがちになります。

大量の亜鉛が不足してしまうと、抜け毛の原因になることが分かっています。

  • アミノ酸、タンパク質不足で毛が細くなる
  • ミネラル不足で抜け毛が増える

筋トレをしているのに適切な食事をしていない場合、間接的にハゲの原因になってしまいます

栄養面の効果的な対策としては、プロテインパウダーで不足しがちなアミノ酸・タンパク質をしっかりと補うこと。

ミネラル成分が含まれているサプリメントを使って、不足しやすい亜鉛などを補うことが効果的です。

よりハゲを意識した対策に取り組むなら、髪に必要な栄養素がたっぷり配合されたスカルプサプリを飲むのも一つの方法です。

スカルプサプリなら、数十種類の毛に必要な栄養を数粒飲むだけでしっかりと補うことができます。

忙しくて自炊が難しい人でも、寝る前に数粒飲むだけで栄養が摂れるので便利です。

成分がたくさん入っている評価の高いスカルプサプリメントについては、次の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

筋トレをしているなら飲んでおいて間違いなしです。

参考:スカルプサプリメント

クレアチンを摂取するとDHTが増える

プロテインに次いで人気のサプリメントの一つである「クレアチン」。クレアチンには様々な働きが期待されているので、日常的に摂取している人も多いです。

しかし、クレアチンにはジヒドロテストステロン(DHT)を増加させるという研究結果も明らかになっています

実験では、3週間クレアチンを飲み続けたグループはジヒドロテストステロンが56%も増えたことが明らかになっています。

参照元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19741313

クレアチンを飲んだ人が全員禿げるというわけではなく、遺伝的にハゲ体質がある人が飲むのはハゲリスクを高めるということになります。

ハゲが心配な場合、クレアチンの飲む量を減らす(1日3g程度)、もしくはクレアチンを止めた方が良いでしょう。

以上、「栄養不足」と「クレアチンの摂取」によってハゲは促進されるリスクが高まります。

筋トレをしても禿げるわけではないですが、食事面で気を付けないと細毛や脱毛が酷くなるので対処するのがベストです。

では具体的に、筋トレでハゲが気になり始めたら何をすればよいのでしょうか?

筋トレをするならやっておきたいハゲ対策

ハゲが気になるけど筋トレをしてカッコいい体になりたい!と考えている人も多いです。

そういう場合、効果的なハゲ対策をしながら筋トレを続ければハゲのリスクを抑えつつ、フィジーク選手のようなカッコいい体を手に入れられます

ハゲ対策に効果的な方法は2つ。

一つ目が、「薬」を使った方法です。

プロペシアと呼ばれる飲み薬を毎日飲むことで、ハゲの原因ジヒドロテストステロンを作らせないようにしてくれます。

既にハゲが進行している人や、薬を飲むことに抵抗がない人は検討してみると良いでしょう。

ただし、男性ホルモンを抑える働きがあるので、「勃起不全(ED)」「精力減退」といった副作用のリスクもあります

また、女性化乳房という女性のように胸がふっくらと膨らむ副作用もあるので、そういったリスクがあることを理解しておく必要があります。

二つ目が、育毛剤を使った方法です。

育毛剤は薬のように強い効果はないですが、厚生労働省が薄毛に効くことを承認しているので使う価値は十分あります

最近では、ハゲ物質をブロックする成分をたくさん配合した商品も販売されているので、育毛剤を使い始めて抜け毛が落ち着いたという人も少なくありません

育毛剤は薬のような男性機能や身体に副作用の心配はないので、気軽に予防やハゲ初期対策として始めるにはうってつけです。

特に筋トレを始めてハゲが気になり始めた初期(まだ毛は生えている)場合、育毛剤を使って復活する人は多いです

いきなり副作用のリスクのある薬を使う前に、まずは育毛剤を使って様子を見るのが良いでしょう。

育毛剤の選び方については、「」で詳しく解説しています。

どのメーカーの商品が良いのか?編集部が実際に試して成分も詳しく分析しながら解説しているので参考にしてみてください。

参考:

筋トレとハゲについてまとめ

筋トレを始めてから抜け毛や薄毛が気になり始めているなら、まずは栄養不足やクレアチンの摂取を疑ってみましょう。

アミノ酸やタンパク質、ミネラル類、ビタミン類など、必要な栄養素は摂れていますか?

親や祖父が薄毛なのにクレアチンを摂取していませんか?

これらを見直すことで、ハゲのリスクを抑えることができます。

それと同時に、育毛剤を使って弱った毛を育毛することも欠かせません。

ハゲは自然治癒することはないので、放っておいても勝手には良くなりません。

1日でも早く効果的な対策に取り組んで、髪を取り戻しましょう。

・関連記事

-薄毛の悩み

Copyright© 育毛剤選びで失敗しないWEBマガジン【育毛マップ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.