片側ハゲを酷くさせないためにやっておくべき2つのこと

2019年9月15日

片側ハゲ

M字部分の片側だけ薄くなって「これってM字ハゲなの?」と心配していませんか。

片側だけハゲていると、「どうして片側だけ?」「このまま両方ハゲるの?」と不安になりますよね。

はじめに結論から言うと、片側だけハゲているのはM字ハゲが進行し始めている証拠!です。

今はまだ左右どちらかの片側だけ薄くなっていますが、何も対策しないで放っておくと反対側も薄くなって完全なM字ハゲになってしまいます

でも安心してください。

まだ片側だけしかハゲていない今から早めに対策しておけば、これ以上酷くなるのを食い止め、片側ハゲから復活することもできます。

この記事では、片側だけハゲてしまう原因、片側ハゲから復活するために取り組んでおきたい2つの方法を詳しく解説しています

完全なM字ハゲになってしまう前に、今日から対策を始めていきましょう。

片側だけハゲているのはAGAが進行し始めている証拠

AGAとは強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)という物質の影響でハゲてしまうことです。

生え際のM字部分に存在する「アンドロゲンレセプター」と呼ばれる受容体と、ハゲの原因となる男性ホルモンDHTがくっつくことで、「毛を抜けさせろ!」という脱毛命令が毛根に出されることで、どんどん薄くなっていきます。

片側だけハゲていると言うことは、薄くなっている方がアンドロゲンレセプターが多い(もしくは感受性が高くてDHTとくっつきやすい)と言うこと。

今は片側だけハゲていたとしても、何もしないで放っておけば反対側もDHTの影響でどんどんハゲてしまいます

AGAはゆっくりと進行していくのが大きな特徴です。

何も対策せずに放置してしまうと、最終的には毛根が死滅してしまい、二度と毛は生えなくなってしまいます。

AGAを放置しても自然治癒することはなく、むしろ日に日に悪化していくことは知っておかないと手遅れになってしまいます

片側ハゲを改善するためにやるべき2つのこと

片側ハゲになってしまう原因はハゲ物質(DHTやその他脱毛因子)の影響によるもの。

つまり、片側ハゲを改善して以前のようなボリュームを取り戻すためには、

  • ハゲ物質を抑えてこれ以上酷くならないよう抜け毛を予防する
  • 薄くなった毛を育毛して、以前のような太さ・ボリュームを取り戻す

この2つを同時に取り組むことが欠かせません。

それぞれ詳しく見ていきます。

ハゲ物質を抑えてこれ以上酷くならないよう抜け毛を予防する

ハゲ対策というと「発毛!発毛!」と生やすことを重視する人も多いですが、大事なのは今生えている毛を抜けないよう脱毛予防すること。

発毛させても次から次へと毛が抜けたら意味ないですよね?

まずは脱毛予防を徹底して、これ以上酷くなるのを食い止めることが第一ステップ

片側ハゲの原因はハゲ物質による影響なので、まずはハゲ物質を抑えることが必要不可欠。

ハゲ物質を抑えることによって、今生えている毛の脱毛を予防し、これ以上酷くならないよう食い止めてくれます

薄くなった毛を育毛して、以前のような太さ・ボリュームを取り戻す

脱毛予防と同時に取り組んでおくべきなのが育毛です。

薄くなった片側の弱った毛を育毛することで、毛1本1本が太くしっかりと以前のように戻ります。

毛が太くなれば髪の密度が増えるので、地肌が透けることがなくなり、片側ハゲで悩むことはなくなります

片側ハゲの場合、生え際の毛が完全になくなっているわけではなく、産毛のような細い毛がヒョロヒョロと生えているはずです。

それらの毛を育毛することで、片側ハゲは次第に改善していくので、発毛ではなく育毛して育てていきます。

まとめると、

  • ハゲ物質を抑えて、抜け毛を予防できれば、今以上に酷くなるのを食い止められる
  • 片側の弱った毛を育毛して太くすれば、地肌が透けることがなくなり、片側ハゲが改善できる

この2つを同時に取り組むことこそが、片側ハゲを改善して、以前のようなしっかりとした生え際を取り戻す方法です。

これら2つを同時に効果が認められており、使えば実感できるのが次の方法です。

片側ハゲ対策には育毛剤が選ばれている

片側ハゲや生え際ハゲの初期対策として多くの人が使っているのが、医薬部外品の育毛剤です。

医薬部外品とは、厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めている有効成分が配合された育毛剤のこと。

厚生労働省が効果を認めているため、抜け毛の予防・育毛・薄毛に効きます。

薬ではないので副作用の心配がほとんどなく、家で手軽に使えるのが人気です。

育毛剤を使うメリットは次の通りです。

ハゲ初期に使っておけば抜け毛の予防と育毛の両方の効果がある

育毛剤は、片側ハゲや生え際ハゲといったハゲ初期にこそ使っておくべきアイテム。

厚生労働省が効果を認めている通り、使えば抜け毛の予防と育毛、薄毛に効く効果が期待できます。

抜け毛の予防効果を実感できれば、今以上に酷くなるのを食い止めてくれます。反対側もハゲて完全なM時ハゲになる心配がありません。

育毛効果が実感できれば、薄くなった片側の生え際の毛が成長し、地肌がすけなくなります。もう、片側ハゲやM字ハゲの心配をする必要もなくなります

厚生労働省が効果を認めているので実感する人が多い

世の中にはたくさんの育毛方法があります。

シャンプーや頭皮マッサージ、育毛サロン…。

しかし、厚生労働省が効果を認めている有効成分が入っているのは、医薬部外品の育毛剤と薬のみ

育毛剤と薬以外の対策方法には、薄毛に効くと認められている有効成分は入っていません。

良いシャンプーや頭皮マッサージをすることは無駄ではないものの、薄毛に直接効果があるわけではないのです。

片側ハゲのレベルなら副作用のリスクがほとんどなく、効果が認められている育毛剤を使う人が多いです。

早ければ1ヶ月後から実感する人もいる

片側ハゲや生え際ハゲなど、初期のレベルで使い始めればすぐに実感する人も少なくありません。

中には使い始めて1ヶ月目で抜け毛や触った時の違いを実感する人もいるほど

早ければすぐにでも実感できるのも育毛剤のメリットの一つです。

もちろん、効果を実感するまでの期間は個人差があるものの、1ヶ月で実感できる可能性があるなら試しておかないのは損ではないですか?

育毛剤なら何を選んでもいいわけではない

育毛剤は色々なメーカーから様々な商品が販売されています。おそらく100商品以上は売られているので、どれがいいのかわかりにくいです。

実は「育毛剤」と一言で言っても、

  • 血行促進を重視するもの
  • 頭皮の保湿を重視するもの
  • 抗炎症を重視するもの
  • 脱毛予防を重視するもの

など、商品によって重視するもの(成分)は全然違います。

片側ハゲを改善して実感するためには、先にも書いた通り「脱毛予防」を重視しつつ、「発毛促進・育毛」効果も認められている育毛剤を使わないといけません。

薄毛の状態にあった育毛剤を使うことで、より早くよりしっかりと実感できます。

具体的に、片側ハゲや生え際ハゲに使っておきたい育毛剤を「」で詳しく解説しています。

編集部が実際に試して成分を分析した上で、本当に使っておきたい育毛剤を紹介しているので、片側ハゲを改善するためのシャンプー選びとして参考にしてみてください。

片側ハゲに効果のない育毛剤を選んでしまう前に、まずはチェックしてみてください。

参考:内部リンク(生え際に聞く育毛剤)

片側ハゲの放置は完全なM字ハゲになるので時間との勝負

はじめにも書いた通り、片側ハゲを放っておくと、反対側もハゲてきて完全なM字ハゲになってしまいます

生え際のハゲは進行型なので、1日でも早くに効果的な対策に取り組むことが欠かせません。

「もう少し様子を見よう」と何もしないでいると、気づいた時には生え際の毛がなくなって、周りからM字ハゲを指摘されるのも想像できると思います。

片側ハゲを食い止めるためには、1日でも早く対策を始めるようにしましょう

今から育毛剤を選んで注文すれば、数日後にはハゲ対策を始められます。先延ばしにすれば、忘れて何もしなくなってしまいますよ。

最悪の状態を避けるためにも、今からできることに取り組んでおきましょう。ハゲてから悔やんでも遅いですからね。

関連記事

生え際に効く育毛剤おすすめランキング

生え際の後退、M字ハゲに効く育毛剤をランキング形式で紹介します。 生え際に効く育毛剤ランキング 抜け毛予防力が最高クラス!イクオス 生え際に効く育毛剤ランキング1位は育毛剤イクオス。 M字ハゲや生え際 ...

-生え際後退

Copyright© 育毛剤選びで失敗しないWEBマガジン【育毛マップ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.